050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

不動産トラブルに関する記事一覧

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧

不動産トラブルに関する基礎知識や事例

土地や建物の不動産は私たちの生活にとって必要不可欠なものであり、なくてはならない存在です。そのため不動産をめぐるトラブルも少なくありません。

不動産売買では、マイホームを購入するための契約内容に関する事柄や契約の解除に関するトラブル、瑕疵ある住宅を買った後の対応などが問題となります。
マイホーム購入は人生において大きな買い物であるため、なるべく失敗は避けたいものですが、それでも避けられない場合はあります。被害を受けたからそのまま泣き寝入りするのではなく、様々な法的救済措置による解決方法が考えられます。
また、このような欠陥住宅を契約終結前にご自身で見抜くことも大切だと言えます。

不動産賃貸借契約のトラブルは、大家である賃貸人と賃借人の両方で起こりうる問題です。特に、家賃や敷金・礼金などの金銭に関する問題が主な紛争の要因となります。
その他にも騒音苦情問題や、建物の設備に関する問題、原状回復義務の費用負担などがあります。

このような不動産トラブルは私たちに実際に起こりうる問題です。実際紛争になったときに当事者の和解によって問題が解決すれば良いのですが、常に和解が成立するとは限りません。場合によっては訴訟へと発展する可能性もあります。
不動産売買契約は相手側の方が当然に知識の量も多いため、法律に関わりのない人では言いくるめられてしまう恐れもあります。
そのため豊富な専門知識を持つ弁護士が傍に居れば、契約の妥当性を判断してくれたり、裁判の複雑な手続き等を行ってくれます。また、弁護士に依頼を行うことによって、相手方に心理的なプレッシャーを与えことが期待されます。

伊藤法律事務所では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国で不動産トラブルのご相談を承っております。
不動産の契約に関するトラブル、土地や建物に関する法律、敷金や礼金などの身近な不動産トラブルについて疑問をお持ちの方は、どのような問題で真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。
  • マイホーム購入のトラブルマイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に関する想定外の事項、売買契約におけるローン特約に関するトラブルなど様々な問題が想定されます。...

  • マイホーム購入を回避するためにはマイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解している必要があります。 契約終結後に発見したトラブルと、契約終結前に発見したトラブルでは、...

  • 契約締結前によく確認すること契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 なぜなら、売主側と買主側で双方の認識にすれ違いがあった場合には、別のトラブルを招く恐れがあるか...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしまう可能性があります。 そのため、欠陥住宅を契約終結前に見極めることが大切ですが、それでも購入...

  • 不動産売買・建物建築トラブル不動産売買・建物建築トラブル

    購入した土地に建物を建築しようとしても、様々な制限が課されている場合があります。 民法や建築基準法・都市計画法に建築に関する規定があり、代表的なものですと、「一定の建物を建築する際には、建築確...

  • 重要事項説明とは重要事項説明とは

    不動産売買契約を行う際に仲介業者から、その不動産がどのようなものであるか、法令に基づく制限の有無、契約内容についての説明が行われます。 これを「重要事項説明」といいます。 重要事項説明で納得いか...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとなります。 そこで、買手側が売買代金や対象不動産の条件を示し、買い受けの意思表示を表すために...

  • 手付解除ができない場合手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」といいます。 不動産売買契約で支払う手付は、通常「解約手付」として扱われ、一定の条件の下では...

  • 瑕疵担保責任とは?瑕疵担保責任とは?

    瑕疵担保責任とは、「売り主は建物の隠れた傷(瑕疵)に対して責任を負わなければならない」ということです。 民法では売主は無過失責任として、瑕疵担保責任を負うことが定められています。 したがって、売...

  • 過去の「死亡事故」の告知義務過去の「死亡事故」の告知義務

    目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます。 一例として、「過去にその部屋で自殺した入居者がいた」「過去にその物件で火事があり人がなく...

  • 不動産トラブル解決の流れ不動産トラブル解決の流れ

    不動産トラブルの性質によって対応が異なりますが、様々な手法によって問題の解決を図ることが出来ます。 そのため、双方でトラブルが起こったとしてもいきなり訴訟を起こすのではなく、和解や調停などを利用...

  • 裁判所の専門委員とは裁判所の専門委員とは

    民事訴訟においては、様々な分野が争いの争点となります。たとえば、建築分野の用語は高度で複雑なものであり、用語の理解が出来ないまま訴訟が進む恐れがありました。 また、専門的な民事訴訟においては、裁...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?都道府県の建築紛争調整手続とは?

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都道府県が関与し紛争の解決を支援します。建築紛争手続きは各都道府県によって内容が異なります。 ...

  • 立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ

    賃貸借契約の中でも、不動産を目的とする場合における賃貸人と賃借人との間のトラブルには、関係悪化など、さまざまな理由による賃借人の立ち退きに関するものがあります。ここでは、法律上立ち退きを求めるに...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産売買・建物建築トラブル

    不動産売買・建物建築トラブル

    購入した土地に建物を建築しようとしても、様々な制限が課されている場合があります。 民法や建築基準法・...

  • 契約締結前によく確認すること

    契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 な...

  • 痴漢の時効とは?

    痴漢の時効とは?

    痴漢において時効は、刑事上のものと民事上のものの2種類あります。 刑事上の時効は公訴時効と呼ばれ、犯罪...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

  • 傷害罪とは

    傷害罪とは

    傷害罪とは、刑法204条にて 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する...

  • 詐欺罪とは

    詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法に...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?

    都道府県の建築紛争調整...

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

よく検索されるキーワード

ページトップへ