050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

不動産売買・建物建築トラブル

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧 >
  3. 不動産売買・建物建築トラブル

不動産売買・建物建築トラブル

購入した土地に建物を建築しようとしても、様々な制限が課されている場合があります。

民法や建築基準法・都市計画法に建築に関する規定があり、代表的なものですと、「一定の建物を建築する際には、建築確認を受ける必要がある」「建造物の敷地は原則として幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」「一定の地域内では耐火建造物としなければならない」などがあります。
都市計画法や建築基準法と民法が重なる規定は、特別法である都市計画法や建築基準法が優先されると考えられています。
このように数々の規定が存在することによって、住みやすい街づくりを計画したり、国民の生命、健康、財産を保護しているのです。

例えば、民法には「建物を建てるには、境界線から50cm以上離さなければならない」という規定が存在します。
この規定に反して建物を建築しようとすると、隣の土地の所有者から建築の中止・変更を求められる可能性があり、最終的には裁判所から建築工事の差止めを求められるケースもあります。
しかし、建物が建築着手から1年以上経過したり、建物が完成してしまった時には、中止や変更の請求を行うことはできず、損害賠償の請求しか行えません。

伊藤法律事務所では、東京都、神奈川県、千葉県を中心に建物建築トラブルに関するご相談を承っております。建築制限に関する法律はとても多く、それに従わないと工事の中止や変更を求められる可能性があります。そのため、建物建築に関して少しでも疑問をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認ま...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    親権とは未成年者の子どもの世話や教育をする権利(身上監護人)と、子どもの財産を管理する権利(財産権利権...

  • 詐欺罪とは

    詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法に...

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 手付解除ができない場合

    手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

  • マイホーム購入のトラブル

    マイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット

    遺産相続を弁護士に相談...

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのが...

よく検索されるキーワード

ページトップへ