050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

債権回収に関する記事一覧

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 債権回収に関する記事一覧

債権回収に関する基礎知識や事例

取引によって発生した代金債権などを確実に回収できるかどうかは、資金繰りとの関連を含め、企業にとって重要な問題です。

契約上の権利があったとしても、実際に債務者から債権回収することができなければ、絵に描いた餅と同じです。そのため、契約を結ぶ段階で、取引先が信用に値する相手かどうか、見極める必要があります。

取引先が信用できるか測る基準としては、経営計画や資金計画の内容、財務基盤などが挙げられます。

もし、信用できると判断した相手が債務を弁済しない場合には、債権回収に動くことになります。

内容証明郵便を送付し、相手に債務の存在を認識させたり、代物弁済などの手段を講じます。
また、もし債権者と債務者の二者間に同種の債権がある場合には、その債務を対当額で消滅させることができる相殺という手段を用いることもできます。

それでも債権回収ができない場合には、民事訴訟などの法的手段を講じることになり、強制執行などの方法で強制的に債権を回収することになります。

民法という法律によって、債権には時効が設定されています。
そのため、リスクの存在を考慮に入れた上で、迅速な対応を執ることが債権回収では求められます。

伊藤法律事務所は、ご相談者様に寄り添いお話をさせていただくことで、最適の法律サービスをご提供いたします。
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国においてもご相談を承っております。債権回収をお考えの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。
  • 弁護士に依頼して債権回収する手順弁護士に依頼して債権回収する手順

    弁護士に債権回収を依頼した場合、ケースによって執るべき手段は異なりますが、多くのケースでは、任意回収という手段を講じます。 任意回収は、債務者の任意で債務の弁済を受ける方法です。 相手と話し合...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うのは非常に困難です。 一度、債務者が破産手続を開始すると「債権者平等の原則」に則り、債権者は...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 重要事項説明とは

    重要事項説明とは

    不動産売買契約を行う際に仲介業者から、その不動産がどのようなものであるか、法令に基づく制限の有無、契約...

  • 契約締結前によく確認すること

    契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 な...

  • 詐欺罪とは

    詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法に...

  • 手付解除ができない場合

    手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    マイホームトラブルが発...

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしま...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?

    都道府県の建築紛争調整...

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都...

  • 不動産トラブル解決の流れ

    不動産トラブル解決の流れ

    不動産トラブルの性質によって対応が異なりますが、様々な手法によって問題の解決を図ることが出来ます。 そ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ