050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

債権回収に関する記事一覧

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 債権回収に関する記事一覧

債権回収に関する基礎知識や事例

取引によって発生した代金債権などを確実に回収できるかどうかは、資金繰りとの関連を含め、企業にとって重要な問題です。

契約上の権利があったとしても、実際に債務者から債権回収することができなければ、絵に描いた餅と同じです。そのため、契約を結ぶ段階で、取引先が信用に値する相手かどうか、見極める必要があります。

取引先が信用できるか測る基準としては、経営計画や資金計画の内容、財務基盤などが挙げられます。

もし、信用できると判断した相手が債務を弁済しない場合には、債権回収に動くことになります。

内容証明郵便を送付し、相手に債務の存在を認識させたり、代物弁済などの手段を講じます。
また、もし債権者と債務者の二者間に同種の債権がある場合には、その債務を対当額で消滅させることができる相殺という手段を用いることもできます。

それでも債権回収ができない場合には、民事訴訟などの法的手段を講じることになり、強制執行などの方法で強制的に債権を回収することになります。

民法という法律によって、債権には時効が設定されています。
そのため、リスクの存在を考慮に入れた上で、迅速な対応を執ることが債権回収では求められます。

伊藤法律事務所は、ご相談者様に寄り添いお話をさせていただくことで、最適の法律サービスをご提供いたします。
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国においてもご相談を承っております。債権回収をお考えの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。
  • 弁護士に依頼して債権回収する手順弁護士に依頼して債権回収する手順

    弁護士に債権回収を依頼した場合、ケースによって執るべき手段は異なりますが、多くのケースでは、任意回収という手段を講じます。 任意回収は、債務者の任意で債務の弁済を受ける方法です。 相手と話し合...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うのは非常に困難です。 一度、債務者が破産手続を開始すると「債権者平等の原則」に則り、債権者は...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 刑事事件の流れ

    刑事事件の流れ

    刑事事件においては事件の発生後、被害届が出されることなどから捜査が開始されます。警察は目撃情報を収し、...

  • 起訴と不起訴

    起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察...

  • 顧問契約

    顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット

    遺産相続を弁護士に相談...

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのが...

  • 痴漢・わいせつとは

    痴漢・わいせつとは

    痴漢・わいせつは、刑法176条の強制わいせつ罪、あるいは各自治体が定める迷惑行為防止条例によって処罰さ...

  • 相続人の調べ方

    相続人の調べ方

    相続人とは、財産を相続する人のことを指します。誰が相続人になるかは法律で決まっており、これを法定相続人...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債権回収問題を弁護士に...

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うの...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、人の死亡と同時に、その家族などの「相続人」が財産を引き継ぐことをいいます。相続財産には、金銭...

  • 港区で刑事事件の解決経験の多い弁護士をお探しの方へ!

    港区で刑事事件の解決経...

    刑事事件は、事件の発生後から警察の捜査や警察や検察による取り調べ、時には逮捕などを経て被疑者(俗にいう...

よく検索されるキーワード

ページトップへ