050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

窃盗罪とは

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 刑事に関する記事一覧 >
  3. 窃盗罪とは

窃盗罪とは

窃盗罪は刑法235条に

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

と規定されています。

■窃盗罪の要件

窃盗罪が成立する要件としては、以下のものをみたす必要があります。

①「他人の財物」(客体)

「他人の財物」とは、他人の占有する他人の財物をいいます。

よって、盗まれた自分の所有物を取り返す場合でも、窃盗罪は成立しえます。
ただし、正当行為(刑法35条)として、違法性が阻却され犯罪が成立しない場合もありえます。

また、この財物は有体物と電気(刑法245条)とされています。

よって、他人の情報を自己のUSBメモリ等に記録して持ち去る行為は、「他人の財物」を持ち去ったとはいえず、窃盗罪は成立しないことになります。

②「窃取」

窃取とは、窃取とは、他人の占有する財物を、その占有者の意思に反して、自己または第三者の占有に移転させることをいいます。

よって、自分が預かっている物をそのまま盗んだ場合には、元々自己の占有下にあったといえ、窃盗罪は成立しません。このケースの場合、横領罪が成立しえます。

また、従業員が店内の物を盗んだ場合は、商品は店主に占有があるため、窃盗罪にあたります。

③不法領得の意思

条文上には明記されていませんが、過去の判決から、不可罰である使用窃盗や、毀棄・隠匿罪と区別するために、窃盗罪の成立には不法領得の意思を要すると考えられています。
具体的には、①権利者を排除して他人の物を自己の所有物として(排除意思)、②その経済的用法に従い利用・処分する意思(利用意思)のことをさします。

伊藤法律事務所では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国で刑事事件に関する問題のご相談を承っております。
「万引きでも懲役刑になるの?」、「示談とは何?」、「傷害の刑事事件で立件されてしまった」など、さまざまなお悩み・ご要望にお応えしておりますので、刑事事件についてお困りの際は、当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 手付解除ができない場合

    手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺...

  • 詐欺罪とは

    詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法に...

  • 詐欺罪の時効

    詐欺罪の時効

    詐欺事件において、時効は民事上の時効と刑事上の時効の2種類あります。 詐欺事件における民事上の時効と...

  • 立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ

    立ち退きの概要、交渉や...

    賃貸借契約の中でも、不動産を目的とする場合における賃貸人と賃借人との間のトラブルには、関係悪化など、さ...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    マイホームトラブルが発...

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしま...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定...

  • 弁護士に依頼して債権回収する手順

    弁護士に依頼して債権回...

    弁護士に債権回収を依頼した場合、ケースによって執るべき手段は異なりますが、多くのケースでは、任意回収と...

よく検索されるキーワード

ページトップへ