050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

相続人の調べ方

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続人の調べ方

相続人の調べ方

相続人とは、財産を相続する人のことを指します。誰が相続人になるかは法律で決まっており、これを法定相続人といいます。ただし、遺言がある場合は、相続人が変わります。

■法定相続人とは
まず、死亡した人に配偶者がいた場合、配偶者は常に相続人となります。そのうえで、①死亡した人の子・②死亡した人の直系尊属(両親や祖父母など)・③死亡した人の兄弟姉妹、の中で最も優先順位の高い親族が相続人となります。例えば、死亡した人に妻・息子・母がいた場合、妻と息子が相続人となります。

さらに、配偶者と子が相続人となる場合、取り分はそれぞれ2分の1ずつになります。配偶者と直系尊属の場合は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。配偶者と兄弟姉妹の場合には、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。さらに、例えば子が2人いる場合は、子の取り分2分の1をさらに2人で等分します。

死亡した人に配偶者がいなかった場合、先ほどの優先順位の最も高い親族のみが相続人になります。例えば、死亡した人に息子と父がいた場合、息子のみが相続人となります。

■遺言がある場合
遺言書によって相続人や各相続人の分け前が決定されている場合、これらは法定相続人や取り分に優先します。

ただし、法定相続人には「遺留分」が認められており、遺留分未満の財産しか相続できなかった場合、「遺留分減殺請求」を行うことができます。

■まとめ
遺言のない場合、死亡した人の財産は「法定相続人」が相続します。遺言のある場合には、基本的にその決定にしたがって相続を行いますが、これによって遺留分未満の財産しか相続できなかった場合、法定相続人は「遺留分減殺請求」によって自分の取り分を請求できます。

伊藤法律事務所では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国で相続や離婚、不動産トラブル、刑事事件など、様々な法律問題全般についてご相談を承っております。
法律問題についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    マイホームトラブルが発...

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしま...

  • 立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ

    立ち退きの概要、交渉や...

    賃貸借契約の中でも、不動産を目的とする場合における賃貸人と賃借人との間のトラブルには、関係悪化など、さ...

  • 手付解除ができない場合

    手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、人の死亡と同時に、その家族などの「相続人」が財産を引き継ぐことをいいます。相続財産には、金銭...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?

    都道府県の建築紛争調整...

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都...

  • 痴漢の時効とは?

    痴漢の時効とは?

    痴漢において時効は、刑事上のものと民事上のものの2種類あります。 刑事上の時効は公訴時効と呼ばれ、犯罪...

  • 強姦罪とは

    強姦罪とは

    強姦罪は、平成29年7月13日に改正が施行され、強制性交等罪となりました。 刑法177条に以下のよう...

よく検索されるキーワード

ページトップへ