050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

遺言について

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言について

遺言について

自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種類についてご説明します。

■自筆証書遺言とは?
法律で定められた遺言の方式のうち、もっとも広く一般的に利用されている方式のひとつが自筆証書遺言です。自筆証書遺言では、遺言書を遺言者(遺言を残す人)自ら作成します。一人で手軽に作成でき、遺言内容を秘密にできることがこの方式のメリットであると言えます。反対に、自筆証書遺言のデメリットには、些細なミスによって無効になってしまうリスクや、紛失や偽造・改ざんのリスクがあげられます。他のチェックが入らないという特性上、注意が必要になります。

■公正証書遺言とは?
公正証書遺言書は、公証人によって作成され、公証役場で保管されます。したがって、公正証書遺言は作成過程での不備やその後の改ざんなどの心配がなく、最も安全で確実な遺言の方法であるといえます。また、自筆証書遺言のように開封時に家庭裁判所の検認を受ける必要がないという利点もあり、近年利用者が増えています。書面の作成などは公証人に任せることになります。

■秘密証書遺言とは何か?
秘密証書遺言はひとつの遺言の方式で、遺言内容を秘密にしたまま公証役場に提出し、その存在を証明してもらうことができます。内容を誰にも知らせずに作成することができ、改ざんなどの心配がほとんどないというメリットがある一方で、自筆証書遺言の時と同様、些細な記載の不備により遺言そのものが無効となってしまうよいう危険性もあり、また、開封時に家庭裁判所で検認を受けなくてはならないというデメリットもあります。つまり、公正証書遺言ほどの確実性はありません。遺言に内容を誰にも知られずに、なおかつ自筆証書遺言より確実に遺言を実行したい場合に用いられる方法であるといえます。

■まとめ
以上のように、一口に遺言といってもいくつかの方法があります。状況や希望に合わせて、どの方式で遺言をするべきかを決定するとよいでしょう。

伊藤法律事務所では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国で相続や離婚、不動産トラブル、刑事事件など、様々な法律問題全般についてご相談を承っております。
法律問題についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 殺人罪とは

    殺人罪とは

    殺人罪は刑法199条にて 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 と規定され...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債権回収問題を弁護士に...

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うの...

  • 痴漢・わいせつとは

    痴漢・わいせつとは

    痴漢・わいせつは、刑法176条の強制わいせつ罪、あるいは各自治体が定める迷惑行為防止条例によって処罰さ...

  • 顧問契約

    顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的...

  • 強姦罪とは

    強姦罪とは

    強姦罪は、平成29年7月13日に改正が施行され、強制性交等罪となりました。 刑法177条に以下のよう...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 傷害罪とは

    傷害罪とは

    傷害罪とは、刑法204条にて 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する...

  • 暴行罪とは

    暴行罪とは

    暴行罪は、刑法208条にて 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?

    都道府県の建築紛争調整...

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都...

よく検索されるキーワード

ページトップへ