050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

不動産トラブル 弁護士 港区

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 不動産トラブル 弁護士 港区

不動産トラブル または 弁護士 または 港区に関する基礎知識記事や事例

  • 顧問契約顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的に締結される契約をいいます。 ■顧問契約の注意 顧問契約には、法律や規則で厳密に定められ...

  • 相続財産の分け方相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分けて分割方法をご説明します。 ■遺言がない場合 遺言がない場合、法定相続分という取り分にし...

  • マイホーム購入のトラブルマイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に関する想定外の事項、売買契約におけるローン特約に関するトラブルなど様々な問題が想定されます。...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うのは非常に困難です。 一度、債務者が破産手続を開始すると「債権者平等の原則」に則り、債権者は...

  • 遺言について遺言について

    自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種類についてご説明します。 ■自筆証書遺言とは? 法律で定められた遺言の方式のうち、もっとも...

  • 契約締結前によく確認すること契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 なぜなら、売主側と買主側で双方の認識にすれ違いがあった場合には、別のトラブルを招く恐れがあるか...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしまう可能性があります。 そのため、欠陥住宅を契約終結前に見極めることが大切ですが、それでも購入...

  • 傷害罪とは傷害罪とは

    傷害罪とは、刑法204条にて 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 と規定されています。 ■「傷害」とは 傷害とは、人の生理的機能に障害を与えることを...

  • 裁判所の専門委員とは裁判所の専門委員とは

    民事訴訟においては、様々な分野が争いの争点となります。たとえば、建築分野の用語は高度で複雑なものであり、用語の理解が出来ないまま訴訟が進む恐れがありました。 また、専門的な民事訴訟においては、裁...

  • 相続財産の評価方法相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺産分割協議での財産の評価はどのように行っても構いません。しかし、相続税申告にあたっては、国の...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 暴行罪とは

    暴行罪とは

    暴行罪は、刑法208条にて 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分...

  • 顧問契約

    顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的...

  • 詐欺罪とは

    詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法に...

  • 殺人罪とは

    殺人罪とは

    殺人罪は刑法199条にて 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 と規定され...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 都道府県の建築紛争調整手続とは?

    都道府県の建築紛争調整...

    建物の建築紛争は民事上の問題ですが、話し合いによって解決がしない場合には、当事者からの申立てにより、都...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定...

  • 会社法務

    会社法務

    ■会社法務とは 会社法務とは、会社の事業活動にともなって発生する法律問題の対応・指導や、契約起案、役員...

よく検索されるキーワード

ページトップへ