050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

過去の「死亡事故」の告知義務

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 不動産トラブルに関する記事一覧 >
  3. 過去の「死亡事故」の告知義務

過去の「死亡事故」の告知義務

目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます。
一例として、「過去にその部屋で自殺した入居者がいた」「過去にその物件で火事があり人がなくなった」「物件の近くに工場等の嫌悪施設がある」「募集している物件の近くに指定暴力団の事務所や宗教施設がある」などが心理的な瑕疵に該当します。
これらの情報をどう受け取るかは買い手側次第です。
不動産売買取引において心理的な瑕疵も「隠れた瑕疵」として扱われ、場合によっては瑕疵担保責任が認められ、損害賠償請求や程度によっては契約の解除が認められます。

建物賃貸借において過去の「死亡事故」の告知義務は、法律により明確に定められているわけではありません。そのため死亡した要因・経過した年月・近隣住民の事件に対する印象や過去の判例を基に告知すべきであるとされています。
例えば、自然死ですと告知義務はありませんが、孤独死によって亡くなり、死後数週間経ち遺体が腐食してしまった際には告知義務があるとされています。
なぜなら、老衰や病気等による自然死は当然に予測されるものであり、社会通念上、賃貸目的物にまつわる嫌悪すべき歴史的背景等に起因する心理的欠陥に該当しないと考えられているからです。
また、入居者が自殺した場合には事故後最初の入居者に告知義務は存在しますが、その次の賃借人には特段の事情がない限り告知義務は存在しないとされています。

伊藤法律事務所では、東京都、神奈川県、千葉県を中心に賃貸借契約の心理的な瑕疵に関するご相談を承っております。
「現在住んでいるアパートに心理的な瑕疵がある」や「心理的な瑕疵に該当するかどうか判断がつかない」などご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 起訴と不起訴

    起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察...

  • 顧問契約

    顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債権回収問題を弁護士に...

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うの...

  • マイホーム購入のトラブル

    マイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

よく検索されるキーワード

ページトップへ