050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 債権回収に関する記事一覧 >
  3. 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うのは非常に困難です。

一度、債務者が破産手続を開始すると「債権者平等の原則」に則り、債権者は取り立てができなくなり、債権額に応じた資産の配当を待つことしかできなくなります。

このような事態を防ぐため、法的手段を用いたな債権回収が有効的です。
ただし、法的手段を用いるために、裁判所での煩雑な手続きや難解な法律書類の作成が債権者には課せられます。そのため、弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

債権回収を弁護士に依頼した場合のメリットとしては下記のようなものがあります。

・早期解決が期待できる
債権者と債務者の二者間での話し合いでは、債務者に支払いの意思がなければ時間だけが過ぎていくことになります。そこで、弁護士が仲介したり、債権者に代わって交渉の場に立つことで、法的手段に出る可能性もあることを債務者に認識させ、心理的プレッシャーをかけることができます。また、複雑で難解な法的手続きも速やかに進行することができるため、迅速な解決が期待できます。

・コスト改善
自社の内部で債権の管理・回収を行った場合には、膨大な事務処理により人件費や時間の負担が重くのしかかりますが、弁護士に一任することで大幅に状況を改善することができます。

・効率改善
債権の管理・回収には、膨大な人件費や時間の負担がのしかかります。しかし、弁護士に一任することで、コスト削減という効果だけでなく、今まで煩雑な事務処理に割いてきた人的・金銭的リソースを本来の業務に充てることができ、業務効率が大幅に改善されます。

・債権回収の可能性が高まる
債権回収には、任意回収や強制回収など、様々な手段が存在します。
弁護士に債権回収を依頼すると、様々な種類が存在する債権回収の手段の中から状況に応じて、適切な手続きを選択することができます。

また、債権には消滅時効があるため、迅速に時効の進行を停止させなければなりません。
債権の種類によっては、短い期間で時効が成立してしまう場合もあるため、適切な対応が求められます。
こうした場合でも、弁護士なら事案に応じたスピーディーな法的対応が可能となります。

このように、状況によって異なる様々な場面でも、弁護士なら最適な手段を用いて債権回収を行うことができます。

伊藤法律事務所は、ご相談者様に寄り添いお話をさせていただくことで、最適の法律サービスをご提供いたします。
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に全国でご相談を承っております。
債権回収をお考えの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    親権とは未成年者の子どもの世話や教育をする権利(身上監護人)と、子どもの財産を管理する権利(財産権利権...

  • 不動産購入をキャンセルするには

    不動産購入をキャンセル...

    不動産を購入する際に、何らかのトラブルや都合によりキャンセルしたい場合、キャンセルのタイミングが重要に...

  • マイホーム購入のトラブル

    マイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺...

  • 重要事項説明とは

    重要事項説明とは

    不動産売買契約を行う際に仲介業者から、その不動産がどのようなものであるか、法令に基づく制限の有無、契約...

  • 不動産トラブル

    不動産トラブル

    土地や建物の不動産は私たちの生活にとって必要不可欠なものであり、なくてはならない存在です。そのため不動...

  • 起訴と不起訴

    起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察...

  • 遺言について

    遺言について

    自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種...

よく検索されるキーワード

ページトップへ