050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

不動産 契約

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 不動産 契約

不動産 契約に関する基礎知識記事や事例

  • マイホーム購入を回避するためにはマイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解している必要があります。 契約終結後に発見したトラブルと、契約終結前に発見したトラブルでは、...

  • 契約締結前によく確認すること契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 なぜなら、売主側と買主側で双方の認識にすれ違いがあった場合には、別のトラブルを招く恐れがあるか...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしまう可能性があります。 そのため、欠陥住宅を契約終結前に見極めることが大切ですが、それでも購入...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとなります。 そこで、買手側が売買代金や対象不動産の条件を示し、買い受けの意思表示を表すために...

  • 過去の「死亡事故」の告知義務過去の「死亡事故」の告知義務

    目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます。 一例として、「過去にその部屋で自殺した入居者がいた」「過去にその物件で火事があり人がなく...

  • 手付解除ができない場合手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」といいます。 不動産売買契約で支払う手付は、通常「解約手付」として扱われ、一定の条件の下では...

  • マイホーム購入のトラブルマイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に関する想定外の事項、売買契約におけるローン特約に関するトラブルなど様々な問題が想定されます。...

  • 不動産トラブル解決の流れ不動産トラブル解決の流れ

    不動産トラブルの性質によって対応が異なりますが、様々な手法によって問題の解決を図ることが出来ます。 そのため、双方でトラブルが起こったとしてもいきなり訴訟を起こすのではなく、和解や調停などを利用...

  • 瑕疵担保責任とは?瑕疵担保責任とは?

    瑕疵担保責任とは、「売り主は建物の隠れた傷(瑕疵)に対して責任を負わなければならない」ということです。 民法では売主は無過失責任として、瑕疵担保責任を負うことが定められています。 したがって、売...

  • 重要事項説明とは重要事項説明とは

    不動産売買契約を行う際に仲介業者から、その不動産がどのようなものであるか、法令に基づく制限の有無、契約内容についての説明が行われます。 これを「重要事項説明」といいます。 重要事項説明で納得いか...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 契約締結前によく確認すること

    契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 な...

  • 詐欺罪の時効

    詐欺罪の時効

    詐欺事件において、時効は民事上の時効と刑事上の時効の2種類あります。 詐欺事件における民事上の時効と...

  • マイホーム購入を回避するためには

    マイホーム購入を回避す...

    マイホーム購入トラブルを事前に回避するためには、買主側がしっかりと不動産の情報や契約内容について理解し...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット

    遺産相続を弁護士に相談...

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのが...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認ま...

  • 暴行罪とは

    暴行罪とは

    暴行罪は、刑法208条にて 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分...

  • 刑事事件の流れ

    刑事事件の流れ

    刑事事件においては事件の発生後、被害届が出されることなどから捜査が開始されます。警察は目撃情報を収し、...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債権回収問題を弁護士に...

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うの...

よく検索されるキーワード

ページトップへ