050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

会社法務 弁護士 赤坂

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 会社法務 弁護士 赤坂

会社法務 または 弁護士 または 赤坂に関する基礎知識記事や事例

  • 顧問契約顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的に締結される契約をいいます。 ■顧問契約の注意 顧問契約には、法律や規則で厳密に定められ...

  • 相続財産の評価方法相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺産分割協議での財産の評価はどのように行っても構いません。しかし、相続税申告にあたっては、国の...

  • 相続開始から申告までの流れ相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認または放棄、遺産分割協議となります。それでは、ひとつずつご説明します。 ■遺言の検認 相続の...

  • 弁護士に依頼して債権回収する手順弁護士に依頼して債権回収する手順

    弁護士に債権回収を依頼した場合、ケースによって執るべき手段は異なりますが、多くのケースでは、任意回収という手段を講じます。 任意回収は、債務者の任意で債務の弁済を受ける方法です。 相手と話し合...

  • 窃盗罪とは窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 と規定されています。 ■窃盗罪の要件 窃盗罪が成立する要件としては、以下...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット遺産相続を弁護士に相談するメリット

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのがよいでしょう。 ご存知の通り、弁護士はあらゆる法律問題を扱う、いわば「法律のプロ」です。弁...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定する弁護人のことを指します。国選弁護の弁護費用は国が負担することとなっています。 この国選...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしまう可能性があります。 そのため、欠陥住宅を契約終結前に見極めることが大切ですが、それでも購入...

  • 強姦罪とは強姦罪とは

    強姦罪は、平成29年7月13日に改正が施行され、強制性交等罪となりました。 刑法177条に以下のように規定されています。 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交...

  • 詐欺罪とは詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 とされていま...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 公然わいせつ罪

    公然わいせつ罪

    公然わいせつ罪における公然とは、不特定または多数の人が認識できるということを指します。 つまり、公道上...

  • 起訴と不起訴

    起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺...

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 手付解除ができない場合

    手付解除ができない場合

    不動産契約が成立すると、契約成立の証拠として相手方にいくらかのお金を渡すことになります。これを「手付」...

  • 傷害罪とは

    傷害罪とは

    傷害罪とは、刑法204条にて 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認ま...

  • 過去の「死亡事故」の告知義務

    過去の「死亡事故」の告知義務

    目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます...

  • 相続財産の分け方

    相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分...

よく検索されるキーワード

ページトップへ