050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

傷害事件 被害者

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 傷害事件 被害者

傷害事件 または 被害者に関する基礎知識記事や事例

  • 詐欺罪の時効詐欺罪の時効

    詐欺事件において、時効は民事上の時効と刑事上の時効の2種類あります。 詐欺事件における民事上の時効とは、詐欺行為によって生じた損害の賠償を求める損害賠償請求権の消滅時効を指します。 詐欺などの...

  • 強姦罪とは強姦罪とは

    強姦罪は、平成29年7月13日に改正が施行され、強制性交等罪となりました。 刑法177条に以下のように規定されています。 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交...

  • 起訴と不起訴起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察は、警察や検察の捜査を経て、被疑者(俗にいう容疑者)が犯行を行ったという確証を得た場合にのみ...

  • 殺人罪とは殺人罪とは

    殺人罪は刑法199条にて 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 と規定されています。 ■自殺関与罪(刑法202条)との違い 自殺関与罪は、「6月以上7年以下の懲役...

  • 強制わいせつ罪強制わいせつ罪

    強制わいせつ罪におけるわいせつとは、判例では、性欲を興奮・刺激させ、かつ人の性的な羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する行為とされています。具体的な行為としては陰部や胸部、臀部などを触ることが...

  • 港区で刑事事件の解決経験の多い弁護士をお探しの方へ!港区で刑事事件の解決経験の多い弁護士をお探しの方へ!

    刑事事件は、事件の発生後から警察の捜査や警察や検察による取り調べ、時には逮捕などを経て被疑者(俗にいう容疑者)の確定がなされていきます。被疑者が確定されると検察は起訴し、刑事裁判にて被疑者の処罰...

  • 暴行罪とは暴行罪とは

    暴行罪は、刑法208条にて 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。 と規定されています。 ■「暴行」とは ...

  • 痴漢・わいせつとは痴漢・わいせつとは

    痴漢・わいせつは、刑法176条の強制わいせつ罪、あるいは各自治体が定める迷惑行為防止条例によって処罰されます。 痴漢・わいせつ行為が悪質な場合については、強制わいせつ罪、逆に軽微な場合には迷惑...

  • 痴漢の時効とは?痴漢の時効とは?

    痴漢において時効は、刑事上のものと民事上のものの2種類あります。 刑事上の時効は公訴時効と呼ばれ、犯罪が行われてから一定に決められた期間が経過すると検察官が起訴できなくなるというものです。公訴時...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 会社法務

    会社法務

    ■会社法務とは 会社法務とは、会社の事業活動にともなって発生する法律問題の対応・指導や、契約起案、役員...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認ま...

  • 遺言について

    遺言について

    自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    親権とは未成年者の子どもの世話や教育をする権利(身上監護人)と、子どもの財産を管理する権利(財産権利権...

  • 不動産購入をキャンセルするには

    不動産購入をキャンセル...

    不動産を購入する際に、何らかのトラブルや都合によりキャンセルしたい場合、キャンセルのタイミングが重要に...

  • 裁判所の専門委員とは

    裁判所の専門委員とは

    民事訴訟においては、様々な分野が争いの争点となります。たとえば、建築分野の用語は高度で複雑なものであり...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には大きく分けて4つのパターンがあります。 それが、「協議離婚」・「調停離婚」・「審判離婚」・「裁...

  • 過去の「死亡事故」の告知義務

    過去の「死亡事故」の告知義務

    目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます...

よく検索されるキーワード

ページトップへ