050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

相続 民法

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 相続 民法

相続 または 民法に関する基礎知識記事や事例

  • 相続人の調べ方相続人の調べ方

    相続人とは、財産を相続する人のことを指します。誰が相続人になるかは法律で決まっており、これを法定相続人といいます。ただし、遺言がある場合は、相続人が変わります。 ■法定相続人とは まず、死亡し...

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    孫が遺産相続する方法としてはまず代襲相続が挙げられます。 代襲相続とは、被相続人が死亡した時点で被相続人の子どもや兄弟といった相続権を有していた人も亡くなっていた時、さらに子ども、つまり被相続...

  • 立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ立ち退きの概要、交渉や示談手続きの流れ

    賃貸借契約の中でも、不動産を目的とする場合における賃貸人と賃借人との間のトラブルには、関係悪化など、さまざまな理由による賃借人の立ち退きに関するものがあります。ここでは、法律上立ち退きを求めるに...

  • 相続開始から申告までの流れ相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認または放棄、遺産分割協議となります。それでは、ひとつずつご説明します。 ■遺言の検認 相続の...

  • 不動産契約解除に起きやすいトラブル不動産契約解除に起きやすいトラブル

    ■契約不適合をめぐるトラブル 2020年4月から民法が改正され、従来の「瑕疵担保責任」は「契約不適合責任」に生まれ変わりました。売買の目的物が契約の内容に適合しない場合には契約を解除することがで...

  • 相続財産の評価方法相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺産分割協議での財産の評価はどのように行っても構いません。しかし、相続税申告にあたっては、国の...

  • マイホーム購入のトラブルマイホーム購入のトラブル

    マイホームを購入するときに想定されるトラブルとして、建物の物理的な欠陥や心理的な瑕疵、建物の建築制限に関する想定外の事項、売買契約におけるローン特約に関するトラブルなど様々な問題が想定されます。...

  • 不動産売買・建物建築トラブル不動産売買・建物建築トラブル

    購入した土地に建物を建築しようとしても、様々な制限が課されている場合があります。 民法や建築基準法・都市計画法に建築に関する規定があり、代表的なものですと、「一定の建物を建築する際には、建築確...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット遺産相続を弁護士に相談するメリット

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのがよいでしょう。 ご存知の通り、弁護士はあらゆる法律問題を扱う、いわば「法律のプロ」です。弁...

  • 遺言について遺言について

    自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種類についてご説明します。 ■自筆証書遺言とは? 法律で定められた遺言の方式のうち、もっとも...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 刑事事件の流れ

    刑事事件の流れ

    刑事事件においては事件の発生後、被害届が出されることなどから捜査が開始されます。警察は目撃情報を収し、...

  • 不動産契約解除に起きやすいトラブル

    不動産契約解除に起きや...

    ■契約不適合をめぐるトラブル 2020年4月から民法が改正され、従来の「瑕疵担保責任」は「契約不適合責...

  • マイホームトラブルが発生してしまった後の解決方法

    マイホームトラブルが発...

    せっかく買った新築住宅に瑕疵があった場合は、ただ損をするだけでなく今後の人生にも大きな影響を残してしま...

  • 遺産相続を弁護士に相談するメリット

    遺産相続を弁護士に相談...

    相続に伴ってトラブルを防止したい場合、もしくはトラブルが発生してしまった場合には、弁護士に相談するのが...

  • 相続とは

    相続とは

    相続とは、人の死亡と同時に、その家族などの「相続人」が財産を引き継ぐことをいいます。相続財産には、金銭...

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 不動産売買・建物建築トラブル

    不動産売買・建物建築トラブル

    購入した土地に建物を建築しようとしても、様々な制限が課されている場合があります。 民法や建築基準法・...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定...

  • 過去の「死亡事故」の告知義務

    過去の「死亡事故」の告知義務

    目に見える瑕疵とは異なり、実際に目には見えないが心理的な嫌悪感を覚える瑕疵を「心理的な瑕疵」といいます...

よく検索されるキーワード

ページトップへ