050-5578-9792
受付時間
10:00~23:00
定休日
なし(土日祝日も基本的に営業)

夜間・土日・祝日も対応可

相続 贈与 違い

  1. 伊藤法律事務所 >
  2. 相続 贈与 違い

相続 または 贈与 または 違いに関する基礎知識記事や事例

  • 遺言について遺言について

    自分の死後に備えて相続の方法などをあらかじめ定めておく意思表示を、遺言といいます。ここでは、遺言書の種類についてご説明します。 ■自筆証書遺言とは? 法律で定められた遺言の方式のうち、もっとも...

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    孫が遺産相続する方法としてはまず代襲相続が挙げられます。 代襲相続とは、被相続人が死亡した時点で被相続人の子どもや兄弟といった相続権を有していた人も亡くなっていた時、さらに子ども、つまり被相続...

  • 殺人罪とは殺人罪とは

    殺人罪は刑法199条にて 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 と規定されています。 ■自殺関与罪(刑法202条)との違い 自殺関与罪は、「6月以上7年以下の懲役...

  • 相続開始から申告までの流れ相続開始から申告までの流れ

    人の死亡から相続の申告までの大まかな流れは、遺言の検認、法定相続人の確認、相続財産の調査、相続の承認または放棄、遺産分割協議となります。それでは、ひとつずつご説明します。 ■遺言の検認 相続の...

  • 詐欺罪とは詐欺罪とは

    詐欺罪は、刑法246条にて 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 とされていま...

  • 相続財産の分け方相続財産の分け方

    相続財産は、死亡した人に遺言がある場合とない場合で分割の方法が異なります。ここでは、それぞれの場合に分けて分割方法をご説明します。 ■遺言がない場合 遺言がない場合、法定相続分という取り分にし...

  • 契約締結前によく確認すること契約締結前によく確認すること

    不動産の売買契約は小さい取引ではないため、契約内容についてしっかりと理解をしておく必要があります。 なぜなら、売主側と買主側で双方の認識にすれ違いがあった場合には、別のトラブルを招く恐れがあるか...

  • 起訴と不起訴起訴と不起訴

    起訴とは、検察が裁判所に対し、刑事裁判によって被疑者(俗にいう容疑者)を裁くことを求めることです。検察は、警察や検察の捜査を経て、被疑者(俗にいう容疑者)が犯行を行ったという確証を得た場合にのみ...

  • 国選弁護人と私選弁護人の違い国選弁護人と私選弁護人の違い

    国選弁護人とは、様々な事情により被疑者(被告人)が弁護人を付けることができなかった場合に、裁判所が選定する弁護人のことを指します。国選弁護の弁護費用は国が負担することとなっています。 この国選...

  • 相続財産の評価方法相続財産の評価方法

    相続の際には、遺産分割協議や相続税の申告に備えるためにも、相続財産の評価額を計算する必要があります。遺産分割協議での財産の評価はどのように行っても構いません。しかし、相続税申告にあたっては、国の...

伊藤法律事務所が提供する基礎知識

  • 窃盗罪とは

    窃盗罪とは

    窃盗罪は刑法235条に 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰...

  • 強姦罪とは

    強姦罪とは

    強姦罪は、平成29年7月13日に改正が施行され、強制性交等罪となりました。 刑法177条に以下のよう...

  • 孫に遺産相続する方法

    孫に遺産相続する方法

    孫が遺産相続する方法としてはまず代襲相続が挙げられます。 代襲相続とは、被相続人が死亡した時点で被相...

  • 重要事項説明とは

    重要事項説明とは

    不動産売買契約を行う際に仲介業者から、その不動産がどのようなものであるか、法令に基づく制限の有無、契約...

  • 債権回収問題を弁護士に依頼するメリット

    債権回収問題を弁護士に...

    債務者に債務を弁済する意思がない場合や資産を持って逃亡を図ろうとしている場合、債自力で債権回収を行うの...

  • 顧問契約

    顧問契約

    顧問契約とは、幅広い知識・経験や判断能力を有した、特定の人物のその能力を企業の経営に活用することを目的...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚時に支払われるお金は、大きく分けて「慰謝料」・「財産分与」・「養育費」の3つがあります。 ・「慰...

  • 弁護士に依頼して債権回収する手順

    弁護士に依頼して債権回...

    弁護士に債権回収を依頼した場合、ケースによって執るべき手段は異なりますが、多くのケースでは、任意回収と...

  • 買付証明書に押印した後にキャンセルはできる?

    買付証明書に押印した後...

    通常、不動産売買契約は口頭であっても効力を生じますが、口頭ですとお互いの意思表示が非常に曖昧なものとな...

よく検索されるキーワード

ページトップへ